SAFETY|

セブンパーク天美の安心・安全の取り組み

セブンパーク天美では、お客様はもとより従業員の新型コロナ感染症対策を実施し、「安心・安全」な施設運営に努めて参ります。具体的には、感染症対策にとして大切な換気システムの導入、検温、手指消毒などの推奨を行って参ります。飲食を伴う場所には飛沫防止パーテーションを設置しております。また施設の混雑状況を把握いたします。

各種コロナ対策への取り組み

  • 手指の消毒

    エントランスおよびフードコート以外にも全館の要所に自動アルコール噴霧器を設置し、お客様ご自身にも感染症対策をお願いして参ります。

  • 検温

    全館の要所に検温器を設置して、お客様ご自身にも感染症対策をお願いして参ります。

  • 殺菌灯

    館内の休憩スペース、授乳室の天井に殺菌灯(*1)を設置いたしました。吸気した空気を器具内部の紫外線にて除菌し、清潔な空気を放出いたします。
    (*1)「ジョキーン」®パナソニック株式会社

  • 気流誘引ファン

    人が集まりやすい中央のAMAMI SUTADIUM、ニューまったら横丁に気流誘引ファン(気流創出ファン)を設置し、気流を作ります

  • 次亜塩素酸空気除菌脱臭機

    2,3階の各フードコート・レンタルルーム、及び従業員の休憩スペースに次亜塩素酸空気除菌脱臭機(*2)を設置することで、空間の空気の除菌・脱臭を行います。
    (*2)「ジアイーノ」®パナソニック株式会社製

  • アクリル板による仕切り

    フードコート・イートインスペースの座席に飛沫防止のパネルパーテーションを設置して、飛沫感染の防止に努めます。

  • 光触媒コーティング

    赤ちゃん休憩室、授乳室は勿論、後方の室内、什器を抗菌光触媒でコーティングいたしました。

  • 館内CO2制御

    館内CO2濃度をセンサーにて測定し、CO2濃度他温度、湿度に応じて外気導入量を調節。省エネルギーにも繋がります。